コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差-気象庁(時事通信)

 3月以降、気温や天気の変化しやすい状態が続いていることについて、気象庁は23日、日本の北の寒気と南の暖気がともに平年より強く、偏西風の蛇行も大きいことが原因とする分析結果を発表した。5月上旬には解消する見通しという。
 東京で17日、41年ぶりの遅さで雪が降り、その4日後に25度以上の夏日となるなど、3月からほぼ全国的に寒暖の変動が激しくなっている。
 同庁によると、今冬以降、気圧が北極圏で高く中緯度で低い傾向が続き、偏西風の蛇行によって強い寒気が北東アジア方面に南下しやすい状況という。また南側の暖気もエルニーニョ現象の影響で平年より強く、大気の不安定な状態が継続。日本付近を移動性の高気圧・低気圧が次々と通過し、天候不順をもたらした。
 今後の見通しでは、4月中は偏西風の蛇行が持続し寒気が入りやすいが、5月上旬には解消し、南の暖気の影響を受け暖かくなるとしている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響
エルニーニョ、春に終息か=インド洋高温、北日本冷夏も
30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波
春は全国的に気温高め=北日本は冷夏か

漁港で車転落、男性死亡=仮眠直後? 、運転誤る-福井(時事通信)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
農水省の新人職員、女子大生に痴漢容疑(読売新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

遅刻原因は「事務的な日程管理のミス」 答弁書(産経新聞)

 政府は20日の閣議で、3月3日の参院予算委員会に原口一博総務相、前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相が遅刻した原因について「事務的な日程管理が不十分であったため」とする答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書にこたえた。

【関連記事】
総務相、遅刻の責任押しつけ? 課長ら4人更迭
原口総務相、また遅刻 参院総務委員会が流会に
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ
原口総務相はツイッター? 3閣僚遅刻問題
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷-東京(時事通信)
X JAPAN TOSHIさんの事務所、破産開始決定(毎日新聞)
被害届なしでも立件検討指示=踏み込んだ対応求める-DV相談で通達・警察庁(時事通信)
AP配信映像を「村本さん撮影」…日テレ謝罪(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

 三重県桑名市長島町のテーマパーク「なばなの里」でチューリップ約120万本が満開になっている。今年は気温の低い日が続いたため見ごろの期間が長くなり、今月下旬まで楽しめるという。

【写真特集】東京・丸の内のオフィス街で8万本のチューリップ

 約4.3ヘクタールの「花ひろば」に約200種のチューリップが植えられている。赤や白など色とりどりの花が咲き誇る園内では、家族らが散策し、「華やかな春」を満喫していた。日没から午後9時まではライトアップされている。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
【写真特集】春の美しい草花がいっぱい 毎日植物園
【特集】さくら前線北上中 全国のさくら情報満載
【写真特集】写真で見る各地のさくら便り
【写真特集】写真で見る花見今昔

「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も-帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
<クレヨンしんちゃん>小児がんと闘う子供と家族ら、試写に(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<たちあがれ日本>衆参両院に結成届提出(毎日新聞)

 新党「たちあがれ日本」は12日、衆参両院に新会派の結成届を提出した。これに伴う国会の新たな勢力分野は次の通り。

 <衆院>民主党・無所属クラブ310▽自民党・改革クラブ116▽公明党21▽共産党9▽社民党・市民連合7▽みんなの党5▽国民新党3▽たちあがれ日本3▽国益と国民の生活を守る会2▽無所属4

 <参院>民主党・新緑風会・国民新・日本122▽自民党・改革クラブ78▽公明党21▽共産党7▽社民党・護憲連合5▽たちあがれ日本2▽無所属6▽欠員1

【関連ニュース】
中央選管:遠山氏に当選証書 神崎氏の衆院議員辞職で
自民党:松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず
ファイル:内政・外交・安保 遠山氏に当選証書

<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)
外相「空振りもある」緊急援助ドタキャン1800万(読売新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
山崎さんアーム作業成功=宇宙基地にコンテナ取り付け-初飛行ヤマ場、トラブルなく(時事通信)
【教育】「好奇心」より「空気読む」のを優先? 親と子の意識調査(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<強風>東西線の上下線ストップ、架線に飛来物(毎日新聞)

 関東地方で2日、強い風が吹き荒れた影響で、午前8時50分ごろ、東京メトロ東西線中野-西船橋駅間が上下線ともストップした。葛西駅構内の電車架線に飛来物が絡まったのが原因。

【関連ニュース】
<警報・注意報>現在の状況はこちらで
<桜が気になる方は>週間天気予報で週末の天気をチェック
<ソメイヨシノ>東京で一気に満開…平年より4日早く

<成田空港>着陸のユナイテッド機タイヤから白煙(毎日新聞)
<保険金殺人>上申書の元組長が上告 懲役20年不服(毎日新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<鳩山首相>「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は29日、閣内対立が激化している郵政改革案について「亀井静香金融・郵政担当相と原口一博総務相の談話にのっとって進めていきたい」と記者団に語り、亀井氏らが24日に発表した案を基本に調整を進める考えを示した。同案を巡っては30日に全閣僚参加の「懇談会」が予定されており、首相は「明日はそういった方向を確認したい」と骨格の修正なしに議論の集約を図る方針を示唆。仙谷由人国家戦略担当相はなお見直しを求める構えで、首相の指導力が問われる閣僚懇となりそうだ。

 亀井氏は29日、福岡市内で金融機関幹部との会合に出席し、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を2000万円に引き上げる方針などを説明。「民主党、社民党からも何回も意見を聞き、きわめて丁寧な手段を経て発表した」と骨格修正に応じない姿勢を強調した。

 これに対し仙谷氏は同日正午過ぎから約2時間半にわたって鳩山首相らと首相官邸で協議。その後の参院決算委員会では「現在の金融状況を勘案しつつ国民的な議論をもういっぺん起こす必要がある」と改めて指摘。28日の民放番組で限度額引き上げについて事前に聞いていなかったとして亀井氏と口論した菅直人副総理兼財務相も同委で「中身の了解なら文書をもらうのが常識だ」と歩み寄る姿勢を見せなかった。

 ただ、民主党内で仙谷氏らに同調する声は広がっていない。大塚耕平副内閣相が与党議員から意見を聞く「郵政改革関係政策会議」の11回目の会合が29日に開かれたが、出席議員は40人にとどまった。発言した12人も全員が改革案を支持し、「政策会議の議論の過程を理解して(閣僚は)発言すべきだ」などの声が相次いだという。

 政府関係者は「混乱の原因は亀井氏に郵政を任せきっていたこと」と指摘。鳩山政権では重要政策ごとに関係閣僚が協議する「閣僚委員会」を随時設置してきたが、郵政関連の閣僚委は設置されていない。政務三役の一人は「菅、仙谷両氏も入れた閣僚委があればこうした混乱は防げた」と嘆く。【坂口裕彦、中井正裕】

【関連ニュース】
<郵政改革>30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明
<郵政改革>菅氏と亀井氏、TVで口げんか 野党は失笑
<郵政改革>亀井金融・郵政担当相:郵政上場時期「明示しない」
<郵政改革>風知草:鳩は風に乗って…=山田孝男
<郵政改革>松田喬和の首相番日誌:実績なくして人気なし

<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
<NHKオンデマンド>12年度に黒字化見込み (毎日新聞)
日医新会長に原中氏=民主とのパイプ強調し集票(時事通信)
鳩山首相「不知の罪」 求められる説明(産経新聞)
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け-消費者庁(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。